夢をあきらめない ~ 「ベースボールスピリッツ」vs「家づくりスピリッツ」

スナップ-275

家族を支える「家づくり」とは何か?お客様の夢を実現するために、私たちは日々技術を磨くとともに、学び続ける姿勢を大切にしています。子供の成長を支援する「ベースボールスピリッツ」理事長の奥村幸治氏を迎えて、家族の幸せを守る「家づくりスピリッツ」についてお話をしました。

菅原:奥村さんの講演を何度か聞かせていただき、とても感銘を受けております。私どもは家族経営でやっておりますが、奥村さんはプロの厳しい世界でたくさんのことを学ばれてきましたよね。

奥村:じつはプロ野球選手の夢を追いかけることになったのは、父親の存在が大きかったんです。父は建設関係の仕事をしていましたが、私が小さい時から、時間を作ってはキャッチボールをしてくれました。私がプロ野球選手になることは父の夢でもあって、今思えば父と一緒に夢を追いかけてきたんだなと感じます。

スナップ-313

菅原:一流選手がいるプロの世界では厳しいことを乗り越える毎日ですよね。

奥村:イチロー選手を間近で見ていてすごいと感じたのは、基本を絶対におろそかにしないということですね。自分で決めたことを徹底して継続します。やっていること自体は難しいことではないのですが、何年間も毎日やり続けるというのは強いメンタルが必要です。そういう意味でも、プロの意識レベルの高さを学びました。監督やコーチも同じで、周囲に刺激を受ける人がいると、自分自身も磨かれると感じますね。

お客様の思いを実現すること

菅原:当社は家族で仕事をしていて、兄が現場の施工責任者、弟が設計デザインをやっています。それぞれが強いこだわりを持っていることもあって、身内ならではのぶつかり合いもありますが(笑)

奥村:こだわりがあることでのぶつかり合いは、良い結果を生むことが多いと思います。逆に言うと、すごい人が一人いて、周りが言いなりになっているようではお互いが成長しないでしょうね。家族ならではの信頼の強さも基盤にあるのではないでしょうか。

スナップ-318

菅原:お客様が求めていることも、年々進化しているように感じます。もちろん一生に一度のマイホームですから、皆さんたくさんの夢を抱いていらっしゃいます。安心・安全・快適という基本的なことはもちろん、空間デザインや庭など、細部にこだわる方が増えています。若い方だと流行のデザインを取り入れたいとか、年配の方はやはり自然素材や木の温もりなど寛ぎを求められますね。とにかく広いお風呂が夢だった、という方もいらっしゃいますし、ものすごく広いリビングに憧れていたというケースもありますよ(笑)。

最近はネットでいろいろ調べる方も多いですから、おしゃれなデザインを提案してほしいといわれることも多いですね。そういったお客様一人ひとりの夢を実現できるよう、日々、最新のデザインや技術について学んでいます。何度も何度も図面を引いて、自由設計でお応えしています。

スナップ-319

奥村:子供の成長には、家という環境が大きく影響すると思います。キャッチボールができる庭があるだけでも、伸びやかな子供が育ちそうですね。

菅原:家族で一緒に過ごすという意識は、都会よりも強いかもしれませんね。そういった意味でも、家族みんなが気に入る家が欲しいと望まれる方が多いように思います。難しいご要望をいただくこともたくさんありますよ(笑)。それでも、お客様と何度もやりとりをして、あきらめずにやり遂げたあとに、お客様が心から喜んでくださると本当に嬉しいものです。

スナップ-327

奥村:一所懸命に力を尽くさないと達成感は得られないですよね。「宝塚ボーイズ」の指導をしていて思うのは、今の子供たちは挫折感があるとすぐに辞めてしまうということです。困難の先にあるものを経験できていないんですね。試合で結果を残すことはもちろん重要ですが、決めたことを継続できる強い心を育てることが大切だと思っています。周囲に頑張っている子がいると、あきらめそうになったときに頑張れる。そうやってお互いが切磋琢磨できる環境も必要だと思います。

菅原:奥村さんが指導されている「宝塚ボーイズ」には、田中将大投手もいましたよね。

奥村:田中も最初は周囲の子と同じでしたよ。キャプテンになって、自分の行動がチームを左右するという責任を自覚してから、大きな成長を遂げました。プレーだけではなく、チームを引っ張る力が何なのかをつかんだタイミングだったと思います。家づくりにも、やはりチームワークが大事ですよね。

スナップ-341

菅原:当社は小さな工務店ですが、夢は大きいんです。お客様の夢を一緒になって追いかけますから。お客様のご希望に応えるために、とことん考え抜きますから、個性的な住宅もたくさん作ってきました。雪が多い地域ですし、デザイン性だけではなく屋根の形状や外壁や断熱性能など、快適性の追求も重要です。当社では地元を良く知っている自社大工と家族総出で、基礎工事から完成まですべて、自分たちの目で確認しています。一人ひとりの仕事がとても責任が重いと自覚しているから、自然にチームワークができているように思います。お客様の笑顔が何よりのご褒美なんです。

奥村:それは理想的なチームワークの形だと思います!


奥村さん練習風景

奥村幸治(おくむらこうじ)

イチロー選手が210安打を達成したときに、イチローの専属打撃投手を務めていたことから”イチローの恋人”としてマスコミに紹介され、それ以来、コメントを依頼されてのTV出演多数。中学硬式野球チーム(宝塚ボーイズ)を結成し、監督を務める。一方、講師として各地方で講演活動をする。宝塚ボーイズの教え子に楽天イーグルス田中将大がいる。 2008年NPO法人ベースボールスピリッツを設立。野球を通じて子ども達の健全な心身の成長を図るとともに幅広い世代交流、地域交流に努める。カル・リプケン小学生世界大会の日本代表、星野ジャパンの監督としてその任を勤める。

奥村様との対談を終えて

☆共感を得た言葉として一生懸命に力を尽くさないと達成感は得られないという所です。
「継続は力成り」と言う言葉も実際むずかしいですが小さな事からひとつづつ目標を達成していく事が最善かなと思います。
当社小さな工務店の達成感としては更にチームワークを強化し、家づくりを完工させる事です。お客様の笑顔が何よりのご褒美です。

菅原